個人事業主さまへ

【個人事業の会計期間1月1日〜12月31日】

翌年の3月15日迄に決算書を作成し、確定申告を提出します。
※ 3月15日が土日の場合はその次の月曜日迄となります。

 

■ 個人事業を試みているお客さま

■ 白色申告

■ 青色申告

■ 株式会社設立を試みている個人事業主さま

■個人事業を試みているお客様

 

(1)まず、開業後1ヶ月以内に 個人事業の開廃業等届出書所轄 の税務署へ提出しよう!

 

(2)白色申告と青色申告の選択

青色申告は、記帳をきっちりつけなければいけないが白色申告は青色申告に比べ帳簿管理が楽だが、メリットが少ないものです。

■白色申告

 

300万円までは記帳義務がなく、決算書も収支内訳書(売上と経費から所得を計算するもの)のみ。

 

所轄 の税務署への提出書類
  1.個人事業の開廃業等届出書 → 用紙はこちら

■青色申告

 

::::: メリット :::::
  • 青色申告特特別控除で65万円を所得から引けます。
    (所得税率10%住民税率10%とすれば13万円節税)
  • また、家族の給料を青色専従者控除で全額経費とできます。
  • また、当年の赤字分を来年に繰り越し、来年以降3年間の黒字分と相殺が出来ます。

 

::::: デメリット :::::
  • 損益計算書(売上と経費から所得を計算するもの)と貸借対照表(現預金、資産、借入など財産状況を示したもの)の両方の提出が必要となります。
  • 正規の簿記(複式簿記)による帳簿の記帳が必要です。

 

所轄 の税務署への提出書類 

1.個人事業の開廃業等届出書 → 用紙

2.所得税の青色申告承認申請 → 用紙

※ 所得税の青色申告承認申請の提出期限は開業日から2ヶ月以内です。

 

給与が発生する時は、以下の3〜5の書類も必要です。

 

3.青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書 → 用紙

・・・家族に他の仕事をしないで手伝ってもらった分の給与を経費扱いにしたい場合。

※ 専従者がいることとなった日から2ヶ月以内です。

 

4.給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出 → 用紙

・・・家族以外のスタッフに給与を支払う場合。

※ 事務所の開設があった日から1ヶ月以内です。

※ スタッフの給与から天引きした源泉所得税を翌月10日に事業者が税務署に納付する義務が発生いたします。

 

5.源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書 → 用紙

・・・家族以外のスタッフに給与を支払うようになった時に、毎月の源泉所得税の納付が、面倒なので、年2回の納付でOKとする為の申請です。但し、給与の支給人員が常時10人未満であることが条件です。

※ 申請すると、その翌月以降に支払う給与から適用となります。

■株式会社設立を試みている個人事業主さま

 

手続き等は行政書士へおまかせ!

 

おすすめ!行政書士 (九州のみ)

株式会社設立手続き 行政書士事務所HP

 

※ お問い合わせの際、れぐるす55のホームページを見た!とお伝えください。

HOMEへ戻るこのページのトップへ
れぐるす55 HOME